このページの目次

ご挨拶

皆さんこんにちは。院長の小島慎平です。
当院のホームページをご覧下さりありがとうございます。
私の自己紹介をさせてください。

私が医師を目指したのは・・・

私は小さいころよく風邪をひき、小児科や耳鼻科でお世話になりました。そのときの先生がとても親切で、病院は身近な存在でした。
一方で親族に医療関係者がおらず、病気になった時に誰かに気軽に相談できる環境ではありませんでした。
知り合いが、リンパ節が腫れているのになかなか病気と気づかず、病院に受診したときにはもうすでに手遅れになっていたという悲しい経験もしました。
家族や身近な人が病気になった時にすぐに相談に乗りたいという思いがあり、医師を志しました。ただ、医学部へ合格するために2年の月日を費やし、途中も挫けそうになりながら何とか医師になりました。

私が耳鼻科医になろうと思ったのは・・・

大学卒業時は、救命救急で働きたいと思い、研修先は救急疾患が多い千葉県旭市の旭中央病院を選びました。
救急の現場では、命が危ない患者さまをみたら、一番先に‘気道‘を評価する必要があります。気道を評価することは’呼吸ができるか’を確認することです。空気の通り道である’気道’を専門にしている耳鼻科で研修させていただきました。
そこで、窒息のリスクがある患者さまを手術で迅速に救っている先生の姿にあこがれました。
また耳鼻科は、耳や鼻、喉などの感覚器を扱い、「問診や検査で診断をして飲み薬で治療する、それで改善しなければ手術で治す」というように、内科的な面も外科的な面もあり、診断から治療の最後まで患者さまに携われる科ということで、耳鼻科医になることを決めました。

私が北小金で開業したいと思ったのは・・・

耳鼻科医になると決めた後は、手術の症例や指導医の先生が多い病院で働きたいと思い、日本で最初に耳鼻咽喉科学教室を開き、最も伝統のある東京慈恵会医科大学の医局に入局させていただきました。
そこで先輩方から外来での処置や手術について教えていただき、自分でも手術を経験しました。手術で患者さまが良くなることはとても嬉しく、やりがいのある仕事でした。

慈恵医大の柏病院に勤務していた時期もありました。柏病院には松戸市からいらっしゃる患者さまも多く、そのなかに北小金からの患者さまもいらっしゃいました。「北小金に耳鼻科がなく困っている。子供が中耳炎になっても、電車に乗って耳鼻科を受診せねばならない。」というお話を伺いました。
私は、昔から子供が大好きでしたし、子育てに優しい街として全国でもトップレベルの松戸市へのあこがれもあり、将来はそこで働きたいと思っていました。さらに耳鼻科がない地域に貢献できたらと思い、この北小金での開業を決意致しました。

そもそも、なぜ私が開業するのか…

大学病院で勤務していた頃は、クリニックで手が負えない症例の対応や、手術が中心でした。
その後、街のクリニックで外来の経験もさらに積みたいと思い、クリニックの院長として勤務する機会もいただきました。
そこで、完全に内服だけで治療できたり、外来の処置のみで手術はせずに済んだりする経験もしました。
またお子さんが多いクリニックで働いたときには、耳掃除、鼻水吸引などの初歩的なケアこそしっかり行う大切さを学びました。どうしたら、お子さんを泣かせずに診察できるかも学ばせていただきました。

これまで耳鼻科医として様々な病院、クリニックで勤務して参りました。
耳鼻科に通院している患者さまの中には、鼻づまりに鼻吸いやネブライザーをしているが同じ症状を繰り返している・・・耳鳴りで薬を内服しているがいつまでも治らない・・・とお困りで受診される患者さまも多くいらっしゃいました。そのような患者さまは、どんな病気で何の治療をしているかが分からず、治療の途中で通院をやめてしまう、というケースが少なくありませんでした。
耳鼻咽喉科の診療範囲は幅広く、五感のうち聴覚(みみ)、嗅覚(はな)、味覚(のど)の3つの領域を扱います。
その他にめまいなどの平衡感覚なども扱います。感覚器に関する病気の中には、治療が長期にわたる慢性的な疾患もあり、定期的な診療を要することもあります。これらを治すためには、しっかりと診断をつけて、どのような治療を、どれぐらいの期間行うのか、患者さまにきちんと理解していただく必要があります。
そのためには、みみ・はな・のどで何が起きているかを「みえる化」する必要があると考えました。「なんの病気?」「いつ治るの?」「なんの治療しているの?」「どうしたらいいの?」という「みえない不安」を解消し、すべての世代のみなさまが納得して完遂できる「みえる医療」を目指さなければいけません。

クリニックでこれらを実現できれば、自己判断で通院をやめてしまい、悪化して入院や手術に及ぶケースも少なくなるのではと思いました。
元々「家族や身近な人が病気になった時にすぐに相談に乗りたい」という気持ちで始まった医師人生です。地域の皆さまの身近な存在としてすぐにご相談頂きたい、多くの患者さまに「みえる医療」をお届けしたい、という思いで開業を決意しました。

略歴

  • 山梨大学医学部医学科 卒業
  • 総合病院国保旭中央病院初期 研修医
  • 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科 入局
  • 総合病院国保旭中央病院 耳鼻咽喉科
  • 東京慈恵会医科大学付属病院 耳鼻咽喉科
  • 太田総合病院耳鼻咽喉科・太田睡眠科学センター
  • 東京慈恵会医科大学付属柏病院耳鼻咽喉科 助教
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 大学院
  • 平井すばるクリニック 院長
  • 有明こどもクリニック・有明みんなクリニック 常勤医師

資格、所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本めまい平衡医学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 厚生労働省補聴器適合判定医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
  • 日本めまい平衡医学会医師講習会修了
  • 緩和ケア研修会修了
北小金こじま耳鼻咽喉科
047-393-8714
休診日:木曜、日曜、祝日
土曜日:9:00~13:00
・受付時間は診療開始10分前から診療終了10分前までとなります。
・ご予約のない方ももちろんご来院ください。
・お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30
047-393-8714
診療科目
耳鼻咽喉科、アレルギー科
院 長
小島 慎平
住 所
〒270-0014
千葉県松戸市小金44-5
MK小金ビル 1F
最寄駅
JR常磐線北小金駅南口から徒歩2分、イオン北小金店目の前