このページの目次

みみ

耳(みみ)は「聴覚」の器官として知られていますが、聴覚以外にも「平衡感覚」と「回転覚」の器官でもあります。
耳は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)の3つから構成されています。外耳で音を集め、集めた音を中耳の鼓膜(こまく)へと導き、中耳では鼓膜で受け取った音の振動を内耳へと伝えます。内耳では、振動を電気信号に変え、聴神経(ちょうしんけい)を通して脳へと伝達します。
耳が病気になると、音が聞こえづらかったり、身体のバランスがとりづらかったりするのはこういった理由があるからです。

以下のような症状がある場合はご相談下さい

  • 耳が痛い
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳に水が入った感じ
  • 耳鳴り
  • 聞こえづらい(難聴)
  • 耳だれ
  • 耳がかゆい
  • 耳あか
  • 自分の声が響く
  • 自分の呼吸音が聞こえる
  • 耳が腫れた
  • 耳から血が出た
  • グルグル回る
  • フワフワする感じ
  • 首をひねるとめまいがする
  • 立ち眩みがする

代表的な耳の病気

はな

はなには「呼吸」と「嗅覚」という2つの大きな役割があります。呼吸は、はながつまっても口で行うことができますが、はなには吸った空気の加温・加湿のほか、フィルター作用があります。
はな呼吸ができずに口呼吸になると、ウイルスや細菌がのどや肺に直接入り込んでしまい、様々な悪影響がもたらされます。また、嗅覚は私たちが豊かな日常生活を送る上で欠かせないものです。嗅覚が障害されると生活の質は大きく損なわれます。

以下のような症状がある場合はご相談下さい

  • 鼻水がでる
  • 鼻がつまる
  • くしゃみが多い
  • 鼻が臭い
  • 変な(嫌な)においを感じる
  • においがわからない(嗅覚障害)
  • 鼻水がのどにまわる(後鼻漏)
  • 鼻血が出る
  • 鼻がかゆい
  • 鼻を押すと痛い
  • 鼻の中にできものがある
  • 鼻を強くぶつけた

代表的な鼻の病気

のど

のどには「食べ物や水分を食道・胃に送り込む」、「空気を肺に届ける」、「声を出す」という3つの役割があります。また、細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ機能も備えています。

以下のような症状がある場合はご相談下さい

  • のどが痛い
  • のどがはれている
  • のどがかゆい
  • 口の中が痛い
  • 舌が痛い
  • 扁桃腺が腫れた
  • 咳がでる
  • 痰がからむ
  • 痰に血が混じる
  • 口が乾いた感じ
  • 口の中がネバネバする
  • 口が開かない

代表的なのどの病気

感染症

感染症とは、普段生活する中に存在する微生物が人体に侵入することで発症する疾患です。細菌、ウイルス、カビや酵母などの真菌が存在し、感染症を引き起こす微生物を病原菌と言います。
病原体が人体に侵入した後、定着・増殖することを感染といいます。感染後、症状が体調に現れる顕性感染と、症状が現れない不顕性感染があり、不顕性感染者は知らず知らずのうちに保菌者となって感染を拡げる立場に陥っている可能性があります。

代表的な感染症

当院でできる検査

CT検査

X線を使用し、身体の断面を撮影する検査方法です。一般のレントゲン検査では、2次元の画像撮影となりますが、CTでは3次元化した画像データで様々な病巣を発見することができます。耳鼻咽喉科症状に対して精密な検査を行うことができます。

内視鏡検査

直径3~4㎜程度の細いファイバーを使用し、鼻やのどにかかる刺激を極力抑えておこなうため、違和感や痛みが少ない検査です。普段肉眼では見れない部位を観察できるため、病変や粘膜表面の以上などを見つけることが出来ます。

アレルギー検査

指先から血液を採取しアレルゲン(アレルギー原因部室)を調べます。当院では多種の花粉、植物、動物とのアレルギー反応を観察し、精密な検査結果を出すことが出来ます。
また、幼児でも行えますので、お子さまがアレルギーを持っているかも調べることが出来ます。

聴力検査

周囲の雑音を遮断する防音室でヘッドホンを装着し、音の聞こえ方を調べる検査です。左右の聴覚のバランスや、難聴の程度を調べることが出来ます。

めまい検査

めまいは、耳だけではなく、血液の病気、首の骨や筋肉の病気が関係することもしばしばあります。患者さんの症状によって、どの検査が必要か判断しています。

感染症検査

風邪、インフルエンザ、手足口病、アデノウイルスなどの検査を行っております。
接触感染、飛沫感染、空気感染、媒介物感染により感染し、発熱や咽頭痛など症状を現わします。疾患ごとに治療方法が異なるため検査が重要となります。

睡眠時無呼吸検査

患者さんの肥満度やあごの大きさ、扁桃腺の肥大化、舌の肥大化を調べるとともに、いびきの有無や日中の眠気、生活習慣などもお伺いします。睡眠不足や疲労感や倦怠感がある、頭痛がするなど症状のある方は検査をお勧めします。

北小金こじま耳鼻咽喉科
047-393-8714
休診日:木曜、日曜、祝日
土曜日:9:00~13:00
・受付時間は診療開始10分前から診療終了10分前までとなります。
・ご予約のない方ももちろんご来院ください。
・お急ぎの場合は事前予約をお勧めいたします。
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30
047-393-8714
診療科目
耳鼻咽喉科、アレルギー科
院 長
小島 慎平
住 所
〒270-0014
千葉県松戸市小金44-5
MK小金ビル 1F
最寄駅
JR常磐線北小金駅南口から徒歩2分、イオン北小金店目の前